トップページ >アメリカのタトゥー

アメリカのタトゥー

タトゥーを彫るにはどのようなメリットがあるのでしょうか。タトゥーと聞くとデメリットが多いのでは?と考える人が多いと思います。タトゥーの先進国はアメリカです。日本とは状況が違ってアメリカでは、若い世代で3人に1人はタトゥーを入れているようです。そのため日本に比べると、街を歩いてもタトゥーを多く見かけるでしょう。

 

アメリカは、タトゥーの先進国でありタトゥーに関してもしっかりとマナーがいいと言われています。弁護士などがタトゥーを彫っていたとしても公の場ではタトゥーを見えなくする服装をしっかりと選ぶようです。タトゥーを入れる、入れないは自由でありそこは自由のアメリカも同じことです。

 

ただアメリカの場合、その自由となるタトゥーが他の人に嫌な思いをさせないようにちゃんと隠すべき場所は隠すようになっているのです。日本でタトゥーというと珍しく感じ、ついつい見てほしくて露出したり周りに見て見てと口にしてしまうこともあります。ただ、アメリカではそのようなことはほとんどなく、普通のファッションのひとつとなっているのが先進国アメリカなのです。

 

タトゥーのデザインにも色々あるのでデザインが話題になることはあってもタトゥーを入れていることが話題になることはありません。もちろん、タトゥーに偏見がないわけではなくタトゥーをよく思わない方もいますが、そういった人たちのことも考え、普通のファッションの一つとしてファッションを楽しむのがアメリカのスタイルであり、アメリカのタトゥー文化とも言えるでしょう。